トップ

注文住宅でローコストの家づくりって

ローコスト注文住宅で有名なのがアキュラホームでしょう。建築件数も右肩上がりで人気が高い建築会社ですが、ネット上では悪口コミを見かけることもあります。こんな口コミを見ると、「ここにお願いして大丈夫だろうか」という気持ちが起こるのも無理はありません。

ただ、それだけ口コミが多いにもかかわらず、建築件数が伸びているということは、よい評価をしている人のほうが多いといえるのではないでしょうか。つまり悪い口コミを書いている方は期待値が高すぎた、ローコストの意味を間違っていたということが考えられます。

ローコスト住宅は単に建築費用を抑えた住宅ということではなく、必要な部分にはお金をかけ、それ以外のところでは費用を抑えるという考え方でしょう。ですから、大手の高価な住宅に比べて見劣りする部分は必ずありますし、そのことをわかった上で依頼すれば満足度の高い住宅になるといえるでしょう。

ローコストでも自分の考えを取り入れてもらいたいと考えるなら、スターディスタイルも選択肢に入ってくるのではないでしょうか。スターディスタイルはアキュラホームとちょっと違うスタンスで住宅を作っていますが、不必要な経費をかけないために部材などを一括で購入する、モデルハウスを持たず購入者さんの自宅をモデルハウスとして利用するなどして販売価格を抑える努力をしています。

スターディスタイルやアキュラホームなど東京で人気の注文住宅のことならネットで探せば良いところも悪いところも見つけることができるでしょうが、両者の違いはデザイン性でしょう。シンプルモダン系などデザインにこだわりがある方には、スターディスタイルがおすすめできる建築会社です。オリジナリティの高い住宅を作ることにかけては、ローコストといえども大手ハウスメーカーにも十分太刀打ちできると思います。

ただ、私の場合はデザイン性よりも「和」を感じる家を建てたかったので、スターディスタイルよりもアキュラホームを選びました。アキュラホームの家作りは「匠の心」が原点になっていると思います。つまり、家を建てる職人が丁寧な仕事をしてくれるだけでなく、家を作るということにこだわりを持っているということが心を惹かれるのです。

美しいデザインというのは先進性だけでなく、日本に長く伝わっている建築様式も含まれます。さらに、そこに耐震性などの強度も現在では求められます。これらがアキュラホームの家では両方とも実現されていると私は思っています。ですから、同じローコストでもアキュラホームを選びましたし、おすすめもできるのだと思います。

また、販売後のアフターサービスにも魅力を感じています。家は出来上がったら終わりではなく、出来上がったときがスタートという考え方にも共感がもてます。1年後、2年後、5年、10年と家は時間が経てば不具合もでてきて当たり前です。

そんな時でも定期的に訪問してくれるというのは、ちょっとしたトラブルでも相談しやすいですし、早期に対策をおこなってもらうことで結果的に修理費用も安くつくでしょう。

アキュラホームの展示場は都内に8カ所あるので、ちょっと足を伸ばせば実際に見ることができます。ローコスト住宅に興味はあるけれども、どんなところが大手のハウスメーカーと違うのか、あなたの価値観にぴったりあうか、そして家作りの考え方はどうなのか、実際に体験されてみてはいかがでしょうか。

東京の注文住宅のことならこちらのサイト 東京の注文住宅を成功させる徹底ガイド 東京で注文住宅を建てるなら知っておくべき情報を紹介しております。

Copyright © 注文住宅でローコストの家づくり All rights reserved